お役に立ったお支払い事例

事例1

29歳で、飲食店を新規開業された方が、開業10か月後に心不全でお亡くなりになられました。
保険金の請求手続きに来店された奥さまから、「公庫融資のおかげで主人の夢であったお店を持つことができ、一番輝いている主人を見ることができました。また、団信に加入していたおかげで、家族に借金が残らず、本当に助かりました。」との感謝のお言葉がありました。

事例2

個人で事業を営んでいた事業主の方が、公庫から融資を受けた翌月に癌がみつかり、その数か月後に死亡されたため、死亡保険金で債務の弁済を行いました。
奥さまから「突然の発症で、毎月約37万円の公庫への返済をどうしたらよいか、一時は途方にくれておりましたが、団信保険により借入がなくなり、安心しました。」とのお礼のご挨拶がありました。

↑ページの先頭へ